アイソン彗星消滅???


今日、11月29日。
予定ではアイソン彗星が太陽のすぐ近く(その直径より近い距離)を通過して
放物線を描いてふたたび太陽から遠ざかる筈でした。
その後のひと月ぐらいが観測の絶好の機会と天文ファンの多くが期待していました。
私もその一人でした。
ですから前半戦の太陽接近前は予行練習と思い、ほとんど後半戦に賭けていました。
サングレイザー(Sungrazer)と呼ばれる種類の彗星は太陽のすぐ近くをかすめて通るので
その時分裂したり蒸発したりすることが有るらしいです。
その反面、無事に太陽のすぐ近くを廻り込んで生還したら大彗星になる
と言われていました。
アイソン彗星もそんな種類の彗星です。
いわばイチかバチかのギャンブラーですね。
そしてどうも負けたらしい。
予定では12月4日ぐらいから明け方の東の空に大きく成長した姿を見せる筈でした。
「アイソン彗星はどうも消えてしまったらしい」
というのが今日の時点での大方の見方です。
なにせ生き残っていても今は太陽のすぐ近くに居るので見えないのです。
ですから確かに消えたと解るのはあと一週間後ぐらいですが…
IMG_7953
これはアイソン彗星が一番近くを通った10時間後の太陽の姿です。
いつもと変わらず輝いています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です