ニコン 4x10とミヤウチ Bj-100


只今、実店舗に続いてNET SHOPを作ろうと四苦八苦しています。
HTMLとかCSSなどとは無縁の生活を送ってきたので大変です。
日本語で書かれているのにほとんど理解不能、というのが最初の感想です。
「簡単にだれでもネットショップが作れます」とあったのに…
だれでも出来る事が自分にはできない!落ち込みました。
まず言葉を調べることからですから、時間がかかります。
パソコンに向かって何時間もただひたすら「作業」です。
気分転換に双眼鏡で見上げるオリオンやすばるの星ぼしの輝きは格別です。
この素晴らしい世界を多くの人に見てほしいと思います。
そのためにもがんばります。
20121228017
さて、今日はそのCafe ASTRO TEMOに100台ほど有る双眼鏡の一部を紹介します。
上の写真に写っているのが最大と最小の2台です。
チョッと見2台に見えないかも…大きいのとちっちゃいのです。
下の双眼鏡の口径が100mm上に乗ってるのの口径が10mmです。
ちょうど十倍の口径差があります。
見える世界も十倍…じゃあなくて、まるで別物です。当たり前ですが。
20121228022
上の小さくて黒いのが、NIKON 遊 4倍10ミリ。
下の大きいのが、MIYAUCHI Bj-100RBF。倍率20~37倍です。
ニコンは本当にちっちゃいです。
20121228182329a1f
こんな感じでポケットやケータイのケースに入っちゃいます。
なのに見え味はバツグン。さすがニコンという感じです。
いっぽうミヤウチはポケットには入りません。入ってもポケットが破れます。
なんせ重さが5キロ以上ですから。
手で持って見るのも不可能です。大きな三脚は必須です。
部屋からベランダに持ち出すのも腰に注意が必要です。
でも、これもやはり普段とは別世界につれて行ってくれます。
このクラスの双眼鏡でオリオンやすばるをボーッと眺めるのは至福のひとときですね。
ここまで行かなくとも双眼鏡の楽しみは色々あります。
次回から普通の双眼鏡もご紹介したいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です