雨が空から降れば…


雨です。
やっと、梅雨らしい空ですね。
CafeTEMOの周りでも紫陽花の花が盛りです。
IMG_3408
Cafeのすぐ横の通りです。
日本の梅雨。日本の花ですね。
IMG_3426
ピンクというより、やはり薄紫。
晴れた日に水撒きをしてもやはり違います。雨じゃないとこうなりません。
IMG_3440
こちらはガクアジサイ(額紫陽花)。
ガクアジサイのほうが原種だとか。
IMG_3447
花火のようです。花火が花を模したのでしょうか?
この季節の和菓子のモチーフにもよく使われますね。
IMG_3436
真っ白なアジサイ。薄暗がりではその妖しさにハッとします。
「紫陽花」より「紫雨花」のほうがピッタリくると思うのは私だけでしょうか?
シトシト降る雨を見るといつも思い浮かべる曲があります。
今日のブログタイトル「雨が空から降れば」です。
別役実作詞、小室等作曲、六文銭唄。なのですが、
私が思い出すのはよしだたくろう唄のほうです。(LIVE′73)
チョッと歌詞を引用。
  雨が空から降れば
  オモイデは地面に染み込む
  雨がシトシト降れば
  オモイデはシトシトにじむ
  黒いコーモリ傘をさして
  街を歩けば
  あの街は雨の中
  この街も雨の中
  電信柱もポストも
  フルサトも雨の中
  しょうがない
  雨の日はしょうがない
  公園のベンチでひとり
  おさかなをつれば
  おさかなもまた
  雨の中
  しょうがない
  雨の日はしょうがない…
  しょうがない
  雨の日はしょうがない
公園のベンチでひとり……の部分が特に好きです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です