Petit histoire TEMO


 

        ・・・「テモ」ってどんな意味なんですか?・・・

     お時間のある方は店の名前の由来の物語もどうぞ

 

「テモばあちゃん」

 

そんなに昔ではないちょっと昔の話。

東京から国道1号線、関西に入って2号線、

関門海峡を渡って九州に入った3号線をずっと南下し、

熊本県と鹿児島県の県境を越えた出水市のいちばんはじっこ、

切通”にいたのがテモばあちゃんです。

 

テモばあちゃんは不思議な力をもっている人でした。

 

テモばあちゃんがみかん畑に入ると、鳥たちが集まってさえずり、

蝶や虫たちも、まるで友だちのようにやってきます。

もちろん、草や花たちも生き生きと楽しそう。

テモばあちゃんは話しかけます。

「まぁ、いい色になってるね」

「おや、今日はごきげんななめかい」

 

テモばあちゃんは笑顔いっぱいの優しい人でした。

疲れた人がいれば「お茶をいっぱいいかがですか」

貧しい人には「ごはんをめしあがれ」

托鉢のお坊さんには手を合わせ…

怒った人にはおだやかな気持ちになる魔法の粉をかけ。

身分や身なりに関係なく接するテモばあちゃんは

だれからも愛される人でした。

 

どこにでもいるようで、どこにもいない

テモばあちゃんの魅力に多くの人が慕い、集いました。

 

そんなテモばあちゃんが交通事故で逝ったあと、

何年も何年も

びっくりするくらいいろんな人が

テモばあちゃんを訪ね、偲んでくれました。

 

九州の最南端に向かう3号線沿いには

そんなテモばあちゃんの石碑が建っています。

鹿児島県に入ってすぐの、小高くなったカーブの左。

機会があったら足を止め、

テモばあちゃんのいた場所に立ってみてください。

きっといまでも、あなたを心優しい気持ちにしてくれると思います。

 

TEMO

 

そんなテモばあちゃんの人柄にあやかって

 

「人々がくつろぎ、集う場所」になれるようにつけた名前です。

 

いろんな人が肩肘をはらずに

 

思い思いにくつろげる場所になりますように。。。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください